仕送りなしで過ごした大学時代

私は大学生の頃、大学の寮で暮らしていました。親からの仕送りがあったのは最初の2年間のみで、3回生の頃から仕送りはなくなり、学費と生活費を自分で稼がなければいけなくなりました。
幸い寮生活だったので、そんなに生活費はかかりませんでした。大学の授業料も毎日アルバイトをすれば何とか稼ぐ事が出来ました。
しかし、学生の時の私は悪い癖を持っており、お金がないのにローンを組んで高い買い物をしてしまう事が度々ありました。そしていつも、ローンを組んだ後に途方にくれるのです。
アルバイトを1つしているくらいでは生活費から授業料、ローンの支払いまで、すべてを賄うことが出来ないのです。
支払いを滞りなくするにはアルバイトを増やさなければなりません。一番多い時で私は3つのアルバイトをかけ持ちした事があります。
朝8時から夕方まで建設関係の事務のアルバイト、18時からは夜の22時まで本屋さんでアルバイト、23時から午前2時までは居酒屋でアルバイトをしていました。学生なのに1日中働いていたのです。多いときは一ヶ月の収入が20万前後になったこともあります。
おかげ様で支払いは滞りなく済ます事が出来ました。その代わり、学業の方は滞る事が多く他の人より2年程長く大学に通う事になったのは言うまででもありません。

貯金にはまった学生時代

私は大学時代は生活費や学費は親に支払ってもらっていましたが、遊んだり少し貯金するためのお金はアルバイトで稼いでいました。
3つ掛け持ちしていてフル稼働状態で働けば月に15万円くらいにはなっていました。

3つすべて飲食店のウエイトレスだったのですが、春休みや夏休みの長期間の休みは学生なのか社会人でもう働いているのかわからないくらいにお金を稼ぐことに一生懸命になっていました。

最初バイトを始めたばかりの時はちょっと貯まったらそれで友達と旅行に行こうとか、外食する機会が増やせるようになるとか思っていたのですが、月末にある程度まとまった額を手にするようになるとそれをほとんどすべて貯金するようになりました。
私はその時初めて自分が意外とケチなんだなと気付きました。
しかしそれだけバイトをしていながらほぼ使っている様子がないと、さすがに仲のいい友達などが私の貯金額に興味を持ち始めました。
でもそんなことを自慢したいがために貯金しているのではなかったので、最後まで結局友達には内緒にしていましたが、最終的には300万円以上貯まりました。
そのお金はどうしたかというと実は今でも定期預金に入れてあります。
なぜかそのお金には手をつける気になれないでいるのが自分でも不思議です。

何の不自由もなかったです。

大学生の時、実家を離れて一人暮らしをしていました。大学の近くにある安い学生マンションに住んでいて、家賃(光熱費込み)と生活費は親が払ってくれていました。

 

家賃が引き落とされる通帳に私の生活費も一緒に振り込まれていたのですが、月々に決まった額が振り込まれるのではなく、半年からそれ以上暮らしていける金額が常に通帳にある状態でした。

 

今となってはよく覚えてないのですが、いつも通帳には100万近く入っていたと思います。

 

家賃が4万円で、私はお金がかかる趣味もなく、派手に遊んだりするようなこともなかったので、生活費はほとんどかかりませんでした。

 

友だちとご飯を食べに行ったり、映画を観に行ったりしても、月に一回、5万円くらい通帳からおろしておけば十分生活できました。

 

まとまった金額をいつでもおろせるという、お金を使おうと思えばいくらでも使ってしまえる状態にあったのに、自分はよく無駄遣いもせず生活していたなと思います。

 

もともとの性格もあるかもしれませんが、やはり親が稼いでくれたお金を必要以上に使うことに罪悪感があったのだと思います。

 

その時は特に何も思っていませんでしたが、今では経済的に支えてくれたこと、自分のことを信じてまとまったお金をいつも通帳に入れておいてくれたことを両親に感謝しています。

 

アルバイトをしなくても大学生活は送れたのですが、卒業旅行の費用ぐらいは自分でお金を出そうと思い、大学の後半から塾講師のアルバイトを始めました。

 

時給がよかったので、短い時間でもそこそこお金は貯まりました。

 

親からもらっていた生活費はあまり使わないようにしていましたが、自分で稼いだお金は旅行の費用として派手に使いました(笑)

特別奨学金助かりました

大学は九州の片田舎、一応国立大学でしたが、レベルは低く、就職状況なども芳しいものではありませんでした。 今では医学部、工学部も出来ていますが、当時は教育学部、経済学部のみの寂しい大学でした。

仕送りは2万5千円、とても40年前とはいえ食べていけるものではありません。定期収入は家庭教師二つで1万、時給も低く、甘栗屋、ビヤガーデン、居酒屋など掛け持ちして、やっと6万前後で部屋代、食費を払うことが出来ました。

こんな時大変助けになったのが、育英会の特別奨学金でした。毎月8000円、私立だと1200円だったと思います。印鑑を持って支払いを受けまいした。

まだ銀行振り込みではなかったのです。教科書代、時々は飲み代、麻雀の支払いに当てたこともありましたが、当時の8000円はありがたいものでした。

卒業後毎月3000円返却しました。当時、他の方に話すと嘘だといわれるのですが、国公立大の授業料は月1000円。公立高校の授業料が月3000円ですからその三分の一だったのです。

貧乏学生が多く、私などはそれでも友人に借金、前借をすることはありませんでした。が友人の中には本、カメラ、ギターを質に入れるものもいて、それは珍しいものでもありませんでした。そんな友人からは特別奨学金は大いにうらやましがられたものです。

高校生時代からアルバイトを

私は高校時代から、アルバイトをしていました。
なので大学1回生のときに既に貯金がいくらかあり、周りの友人と比べると比較的お金については潤っていたように思います。

しかし、大学生になると想像以上にお金を使うものです。

高校時代はなかった飲み会然り、サークル費用然り・・また、制服がなくなり洋服代もかさんできます。
そうなると、やはり足りなくなってきます。

そこで私はアルバイトを増やしてお金を稼ぐようにしていました。アルバイトを選ぶ基準は、どれだけ楽で稼げるか、というものでした。

また周りの友人達も、高校時代と比べて割りのいいバイトについている人が多かったように感じます。

また、1回生のころは、先輩におごって頂くことも多々ありましたが、上回生になっていくとやはり後輩におごらなくてはならなくなっていきます。

辛いなあ~、と思いながらもしぶしぶ払っていました。

そして就職活動が終わった4回生の春、単位もほぼ取り終わり、ひたすらアルバイトに励む毎日。

この頃は金銭的にもかなり潤い、4回生の夏休みは旅行にいったりと、非常に余裕を持ってすごすことができました。

友人を見ていると全体として、1回生の頃は少しカツカツ気味で、上回生になっていくほど少し潤ってくるかな、というような印象です。

金欠を働いて補った大学生時代。

大学生の頃から働いていました。

アルバイトというよりも、 いまでいうインターンシップに近いものだったかもしれません。

大学生活の始まりとともにひとり暮らしになりました。 学費や毎月の家賃、最低限の食費などは 親が負担してくれていましたが、 その他にかかる実習費やサークルで使うお金、 携帯電話代などは自分で稼がなくてはいけませんでした。

最初の頃は普通にスーパーなどでアルバイトをしていたのですが、 やはり単価が安いために、 学校をサボって働いてもあまりお金になりません。

もっと知識や技能を高く評価してもらえるところで 働いた方が稼げると思い、 それまで趣味でやっていたレザークラフトの ショップに掛けあってスタッフとして働かせてもらうことが出来ました。

私の作るレザーアクセサリーのセンスは人気があって、 次第にパーツの仕入れなども任されるようになって ほとんど正社員のような待遇で働かせてもらっていました。

そのため、大学生時代にあまりお金に困った記憶がありません。

身の程はわきまえていましたので、 派手な遊びなどには走らなかったことが良かったのだと思います。

学生がやるようなかわいい遊び程度のお金は 十分自分で賄うことが出来ました。 4年生時には仕送りの大半を無くすことが出来て 少しは親孝行になったかなと思っています。

自分が求められる環境を見つけることが出来たことは ラッキーだったと思います。

仕送り3万円と奨学金の生活

大学時代は実家もそれほど裕福でありませんでしたが大学に生かせてもらいました。

下宿するにしてもお金がかかるので大学に寮があったのでそこに入寮しました。

寮費は3800円ほどで、その当時、下宿するにしてもアパートとなると4万円ぐらいはしたと思うのでかなり節約になったと思います。

仕送りは3万円で奨学金3万8000円で6万8000円で生活していました。

食費は一日千円以内で高熱水道費も5000円ぐらいでその他の雑費を引いて後の3万円から教科書代や娯楽費などを工面していました。

1万円ぐらいは貯金していたと思います。

自炊もしていましたが、一日1000円と決めていたので自炊しなくても1000円以内に収まる生活だったので自炊しない時期もありました。

今のようにネットや携帯などが必要なかった時代なので電話の寮の共同電話で済ましていました。

後に各部屋に電話がついて電話料金も払うようになりましたがそれまでは電話代すらかかっていませんでした。

少ないながらもそれなりに暮らせていたのでバイトも必至になってしないといけないかもと思っていましたが夏休みや春休みなど長期の休みにまとめてする程度で暮らせました。

普段の生活はそれでいけましたが、長期の休みの海外旅行やパソコンが出始めていたのでパソコンを買うということはできなかったので学生の頃それらができていればまた違った生活だったなと思います。

レギュラーで働くが遊び代がかさむ大学生

大学生時代にアルバイトをしていますが、時給800円から900円ベースで、思ったほど稼げないというのが困りものでした。

レギュラーアルバイトがメインで、週5日間働いており、それでも1ヶ月にすれば10万円に届かない程度です。大学の授業のあとの、夕方から就寝時までの間に働くので、1日に5時間が限度 になります。

時給800円で5時間働くと4000円で、週5日で20000円、1ヶ月トータルで、85000円前後です。

仕事内容も少なくとも楽なものではなかったし、1ヶ月85000円で事足りるわけではなく、もっと稼ぎたいという気持ちはありました。

その中でアルバイト仲間ができたりして楽しめたりはしましたが、それぐらいがアルバイトの楽しみでしょう。

遊びにすぎると、85000円はあっという間になくなります。とくに飲み会が多かったのが1回数千円かかり、ファッションにかかる費用が1万円超えたり、それ以外にもいろいろあります。

ギャンブルもやっていたため、千円が流れるのは時間の問題でした。

そんなこんなで、貯蓄などする間もなく、ただ働いて、働いた分はほとんど残らず遊び代などに消えていくという日々を送っています。

それにしても、よく働いたとは思います。これまでで一番よく働いていたかもしれません。

いくらあっても足りなかったお金

大学時代はお金のやりくりに相当苦労しました。

時給のいいことでバイトをしていたので、月に最大で13万稼いでいた時もありました。しかし、一人暮らしでもあったために、家賃、食費、光熱費などを当然自分で払っていたので、手元に残っているのは半分くらいでした。

これでも、1か月過ごすのにはかなりの余裕があると思っていましたが、意外とすぐに無くなってしまいます。

なぜだろうと原因を考えてみると、ゼミの飲み会や、友達としょっちゅう外食していました。 ゼミの飲み会に関して言えば、教授が多めに出してくれるので大きな出費でありませんでした。

免許の取得にかかる費用も、月に一定の金額が引かれていくので、月頭には、今月どれくらいかかるのか予想を立てていました。

また、ゼミで海外に行くことになり、その旅費でほぼ1か月分の生活費が飛んだので、もう一つバイトを掛け持ちしようか本気で考えもしました。

なので残ったお金で、節約料理をネットで探して作ったりもして、少しでも支出を抑えようとしました。その中で、節約術も身につけることもできたので、これはよかったと思います。

大学生は将来のために貯蓄も大切だとは思うのですが、節約のほうがより大切になってくるのではないかと大学4年間で思いました。

幸福な悩み

学生時代は実家から大学に通っていました。

なのでアルバイトのお給料がそのまま趣味や好きなことに使えたので、金銭的には余裕があったと思います。

しかし私は本が好き。 大体文系学生はよっぽどのことがない限り、時間に余裕があると思います。 私がそうで、思い返せばいつも本ばかり読んでいました。 しかも、文庫ではなく、ハードカバー(単行本)が好きでした。

加えて、潔癖症のため、図書館で貸りるとか古本屋で買うということはしません。 いつも新刊書店で購入していました。 ですから、本を2冊も買えば3000円を余裕で越えてしまい、アルバイトのお給料がすぐなくなってしまう月もありました。

本によっては1日で読み終えてしまうし、「でも本が読みたい!」という時は決死の覚悟で図書館に向かうことも・・・。

出費を減らそうと、編み物をしていたときもありました。 編み棒も毛糸も100円ショップで購入できるし、長く楽しめて経済的! まあ、端的に言って、ヒマだったんですね、私の学生時代。 趣味くらいしかお金をかけるものがなく、時間もたっぷりあった4年間は、まさに人生の夏休みのようでした。

今は食費含む生活費、家賃に消えるお金が多く、貯金も考えると本に使えるお金は、実は学生時代とそう変わらないように思います。 それでも時間を持て余し気味に贅沢に使っていた学生時代は、たくさん本を読みました。

だから書籍代がかかっていた。 あの頃は「あれも読みたい、これも読みたい」とどうなけなしのアルバイト代を使うべきか頭を悩ませていましたが、 今思えばとても幸せなお金の悩み方だったと思います。